詐称メールについて

1.ウィルスによるもの
1の場合、ウィルスに感染したパソコンでは、ウィルスがメールソフトのアドレス帳に登録してあるメールアドレスに対して自分の分身をメール送付する物があります。場合によっては発信者の名前(アカウント)として、そのアドレス帳の中のデータを詐称するケースがあります。
詐称されたメールは「メールのヘッダ情報」を確認する事によって正確な送信者を見分ける事ができます。

詐称メールの被害に遭わないようにするためにはウィルス対策ソフトを導入するのが最善策といえます。

2.メールアドレスの流布
2の場合、ユーザーがどこかの身元不明なサイトでメールアドレス登録をしたり、心当たりのないメールに対して返信した場合「使われているメールアドレス」として流布される場合があります。
国内の大手サイトが管理するサービスではあまり心配ありませんが、正体不明のサイトへの不用意なアドレス登録・返信は控えた方がよいでしょう。

無作為にねつ造される場合
これ以外にも無作為に作ったアカウントを偽装して、無作為に送りつける場合があります。
「アカウント@ドメイン」という電子メールの書式ではアカウントの部分だけをねつ造する事で電子メールアドレスをねつ造する事ができます。
もちろんこれが受信できるメールアドレスかどうかはわかりません。しかしそのメールアドレスに送信してエラーが返ってこなければそれは実在するアドレスという事がわかります。

被害に遭わないようにするには
・ウィルス対策ソフトを導入する。
・不用意にアドレス登録をしない。
・複数のメールアドレスを持ち、常用とそうでないもの、として使い分ける。
などの方法があります。

詐称メールの被害にあった場合は・・・・・
どじょっこネットではメールアドレスの変更手続きがホームページ上からできるようになっています。